2007年08月16日

**中2病またまた発症〈 トランスフォーマー 〉**

 ということでアレです、〈 トランスフォーマー 〉です。

 予想した以上にマイケル・ベイ&スティーブン・スピルバーグしていました。ガジェット大好きな製作者と、 とりあえず火柱上げとこう監督がガップリ四つに組んだ映画。いやボクは蔑んでいるわけではないですよ。2時間超がステキな時間でした。 それは基本的にボクが、精神年齢が中学生男子のまま止まっているから。

 

 いや、それにしても目くるめくひとときでございました。もちろん冷静になってみれば、脚本はグタグタであります。 キューブを隣町に隠そうなどという浅はかな目論見は、単に市街戦を描きたかっただけでしょうし、 最後の最後キューブを持ってウィトウィッキーが屋上まで登るっていうのも、ヘリに渡して何の意味がある (メガトロンは飛べますからへリはイチコロです)と、ツッコミどころ満載。基本的にオートボットにしろディセプティコンにしろ、 高温に弱いわ低温で機能停止するわで、本気になったら人間勝てます。いざとなれば犠牲者を覚悟して、核攻撃すればいいんです!!

 でも、そんな見方をするべきものではないのですな。市街戦を見て、〈 ブラックホーク・ダウン 〉 に嫉妬しているとか考えちゃいけないのです。序盤からの畳み掛けるような展開は、スピルバーグには到底無理。マイケル・ ベイだからこそ出来た演出でしょうし、トイを映画化しょうなどという大それた計画は、逆にマイケル・ベイでは考えられない。 大きなお子ちゃまにして予算を握っているスピルバーグにしか考えられません。この両者が手を組んで、掛け算が成立したからこそ、 奇跡的に娯楽に徹した作品になりえたのです。って誉めすぎ?

 基本的に、ジュニア・ハイスクールに通う男子しか騙せないというのは認めます。ええ、認めますとも。ボクは中学生レベルですよ。 それがどうした。中学生バンザイ!

 ・・・失礼致しました。取り乱してしまいました。

 特質すべき点は数多くあります。ギークがヒーローになるストーリー、 ヒロインが実は落ちた天使だったという学園物のようなストーリー。まるで、中学生の妄想を具現化したのような展開は、 誰に見てくれって言っているのか言わずとも分かるでしょう。

 掛け算が成立した映画、それが〈 トランスフォーマー 〉でした。脚本力1同士では、 1以上にはならないことを再認識させてくれたことも忘れてはいけません。

 ということで、誉めているのか貶しているのか分かりにくいですが、ボクはハッピーな時間でした。

 

posted by 森と海 at 23:01 | Comment(6) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
私も精神年齢の低さには自信がありますので、非常に楽しいひと時を過ごす事ができました。(笑)
確かに突込みどころは満載でしたが、そういったものを吹き飛ばす衝撃映像満載でした。
Posted by samurai-kyousuke at 2007年08月17日 20:04
なにげに軍の前面協力お陰でオスプレイやらラプターやらゴーカ絢爛、その筋の愛好家にも好評と思われます。105mm砲の攻撃ってあんなに強力なのか?!と驚きました。
Posted by 森と海 at 2007年08月17日 21:58
いやもう画だけでお腹いっぱい(笑)
けどクライマックスは完全に『ブラックホーク・・・』
Posted by tonbori at 2007年08月17日 23:30
tonboriさん、それだけじゃないですよ。
カタールの砂漠は『スターシップ・・・』
Posted by 森と海 at 2007年08月18日 00:08
>本気になったら人間勝てます

誰かにこれを言ってほしかったんです(笑)
Posted by micchii at 2007年08月28日 14:23
>micchiiサマ
軽くヒトヒネリですよ。太陽系の全生物のなかで、最凶最悪の人類ですから。変に自己満足な浮遊物を飛ばして、太陽系の環境汚染に邁進している今でも最凶(笑!
Posted by 森と海 at 2007年08月28日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/51636213

「トランスフォーマー」(ちょっとネタバレ)
Excerpt: 凄かったですね。CGで出来ない事はもう無いんじゃないかと思いました。感無量です。 ストーリーが練れていないとか、主役のお二人が魅力無しとかは、この際置いておきましょう。(笑) なんといって..
Weblog: samuraiの気になる映画
Tracked: 2007-08-17 20:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。