2005年07月25日

**浪人街**

  江戸下町のはずれ、一膳めし屋の“まる太"で二人の浪人が対立した。 この街で用心棒をしている赤牛弥五右衛門 (中村獅童) と新顔の荒牧源内 (唐沢寿明) だった。店の払いをめぐって対立する二人の前に、 源内とかつてただならぬ仲であった女お新 (松たか子) にひそかに心を寄せている浪人母衣権兵衛 (伊原剛志) が仲裁に入る。一方、 長屋の井戸端には土居孫左衛門という浪人が妹おぶんと共に住んでいた。二人にとって帰参は夢だったが、 それにはどうしても百両という大金が必要であった。そんな時、街では夜鷹が次々に斬られていく事件が起こる・・・。

 うわぁ、全然興味ねー。

 どうして、同じ原作なのに役者が変わるだけで、こうも興味を削がれるのだろう。それでは皆さん、 頭の中で役者を取り替えて見ましょう。

  • 赤牛(中村獅童⇒勝新太郎)
  • 荒牧(唐沢寿明⇒原田芳雄)
  • お新(松たか子⇒樋口可南子)
  • 母衣(伊原剛志⇒石橋蓮司)
  • 土居(?⇒田中邦衛)
  • おぶん(?⇒杉田かおる)

 この取り替えてみたキャストが、90年黒木和雄監督の〈浪人街〉なのである。そうあの戦争レクイエム三部作(『TOMORROW/ 明日』『美しい夏キリシマ』『父と暮らせば』)の黒木監督である。その上、マキノ雅弘総監修なのだ。リメイクにして本家本元。

 

Ronin Gai-0

 

 コミカルな中に人の強さ弱さを浮き彫りにしてきた故勝新さん、 これでもかというほど自堕落で狂った野獣を幾度となく演じてきた原田さん、『北斎漫画』や 『卍』で大人の色香を画面に充満させた樋口さん、 そしてあるときはオタマ使い・ あるときはカンチョー好きなヤクザ・ はたまたあるときは政財界・黒社会に隠然たる力を持つフィクサー(花と蛇でごんす) という七色の顔を持つ我らが蓮司さん。それに、小ズルイことやらせたら北海道一の黒板五郎こと邦衛さんが混じるんだ。 これで面白くないはずがない。ボクも今回10数年ぶりに見直したんだが、 当時うるさく感じた荒牧がそれほどでもなくなっていた。 というか、その生き方もありとまで思えるようになった。 清濁併せ呑むってことができるようになったのかも知らん。 それから特出すべきは、蓮司さんがとてつもなく格好良く見えたこと。 当時は悪役の人という認識しかなかったからかも知れないが、 無言実行の姿には惚れ惚れする。上の画像は、 居合で刀を鞘に収める姿であるが、 これを見るとユアンのピースサインの大見得なんて笑ってしまうよ。実際、 映画館で笑っちまった(笑。

 この映画最大の見せ場は、旗本直参120人素浪人4人の決闘であるが、 それよりもその前の禄を失った浪人たちのエゴ丸出しのぶつかりあいの方がゾクゾクする。こういうのを人を描くというのだろうね。 なんたって、帰参の為なら辻斬りもするし、仲間も裏切るからね。で、最後には仁義の道に戻っていくと。

 さあ、観たくなったでしょう?明日はレンタルにGOだ。



 
posted by 森と海 at 22:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
そういや芝居になってたんだっけ・・・・。
けどなんでDVD本家本元松竹出さないかな?
それが凄く不思議だ。つかすぐにも出すべき。

そういや「IZO」でも一の刺客で蓮司さん居合の型やってたね。
Posted by tonbori at 2005年07月26日 00:11
松竹乗り遅れているよなあ。
〈たそがれ〉が売れているときに、便乗して出すべきだった。出してれば、少なくとも映画関係者とレンタル店とtonbori堂サンは、買ったのにね。
Posted by forestsea(主) at 2005年07月26日 20:52
黒木和雄のは好きで何回も見ました。マキノ版は見たことないですね。てか売ってないし。ビデオ出てるのでしょうか。
Posted by umi_urimasu at 2005年07月26日 23:13
昭和3年版のオリジナル3作は、すでに60分ぐらいしかフィルムが残っていないようなので、発売は難しいでしょうねー。
Posted by forestsea(主) at 2005年07月27日 10:39
浪人街は10年程前に見たのが最後でしょうか。
勝新太郎が"やるときゃやるんだろうな〜と期待させて最後までたいした事はなにもやらない役"を好演してましたねー。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2005年07月27日 20:11
唐沢がどうする気だろうと思って、
芝居観ちゃったのよ。wowowだけどさ。
声を大にして言いたい、
「しょーもなーっ!!!!!!」
私は黒木和雄は、高一んとき、
名画座の特集で観た「竜馬暗殺」で惚れました。
原田は前から惚れてましたが、
トーゼン、石橋蓮司にも惚れました。
が、周囲にはそんなもの観てくれる女友達は
どこにも居らず、当時はとても寂しかったです。
Posted by acoyo at 2005年07月27日 20:23
>samurai-kyousukeサマ
みんな期待しますよ、勝新さんには。
でも、あの筋書きで斬りまっくたらまくったで、それはトホホな展開ですね(笑。
>acoサマ 周囲にはそんなもの観てくれる女友達は
どこにも居らず、
居ない居ない(笑。 高1っていったらアイドル映画に行く歳だよ。あなたが特殊!
Posted by forestsea(主) at 2005年07月27日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5356398
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。