2007年12月24日

**おとうちゃん、今夜もホームランやぁ 〈 劇場版 龍が如く 〉**

 いやだから久しぶり三池さんホームランだよって。

 三池さんの映画を見慣れた人ならば、「ゲームソフトの映画化だからユルいんだろ」なんて先入観を捨てて観るべし楽しむべし。 かくいうボクも、どうせ雇われ仕事だろって高くくっていたんだけど、コイツは〈 デッド・オア・アライブ 〉以来のホームランでっせ。

 いやホンマ!

 

 〈 デッド・オア・アライブ 〉という映画、エンディングばかりが話題になってしまったけど、 実はオープニングから抜群にイカしてた。歌舞伎町の雑踏とネオン管の煌びやかな光、それに高木完プロデュースの音楽、 スピーディな展開がシンクロしてそりゃあもう鳥肌モンだった。それを思い出すような本作のオープニングもゾクゾクさせてくれる。神室町 (明らかに歌舞伎町がモデル)を空撮から、路上から、アングルを変えて切り取っていく。 絡んでくる音はディストーションとディレイの効いたガツンとくるギターフレーズ(リフっぽいか)。格好ようござんすよ。 挿入歌やエンディングタイトルにはCKBの曲が使われているけど、オープニングには使われなくて正解。 ケンさんのボーカルはコブシが回るので、途端に昭和のかほりが漂ってきて、残侠伝という感じになっちゃうもんな。

 何気に出演者もゴーカ!頑張って下に画像のっけちゃうぞ。

RYU_GA_GOTOKU_R-2

 このスキーマスク、声聞けば一耳瞭然なんだよねー。(エンディング付近でマスクとるよ。)

RYU_GA_GOTOKU_R-4

 ここは、クセモノ3人が並んでるし。

RYU_GA_GOTOKU_R-6

  この2人と1匹の構図なんて、犬がちゃんと前を向いたところで切るという完璧さ。

RYU_GA_GOTOKU_R-0

 で、主役より美味しくて持っていきまくりな真島の兄さん。真島の兄さんに被ってくる音楽は、CKBでありました。コレも正解。 一種のコメディリリーフっすから、CKBドンピシャです。(因みに、画像左手にバット片手に立っているのは木村浩一郎さん。 モノホンの格闘家です。本作にはアレキサンダー大塚の顔も。)

 正直言えば、三池さんが好き勝手にやればR指定は避けられない(エロが決定的に足りない)のですが、大元がSEGA発でありまして、 ゲームユーザーの大半を占めるであろう未青年者を締め出すわけにはいかずというオトナの事情はハッキリクッキリ見えます。まあ、 それはしょうがないっちゃーしょうがない。だからといって言い訳しててもだらしがないわけでして、 ならばそれ以外の部分で弾けるしかないのであり。例えばの話、真島の兄さんの本丸はバッティングセンターですが、在宅中であれば入り口には 「いてはります 真島」の札が掛かっているなんていうのは、くすぐりとしては結構なレベルでしてボクがワザワザ書き残してしまうぐらい(笑。 言い忘れましたが、原作ゲームはしたことはありませんので、ネタの出所は不正確です。

 もちろんゲーム原作モノですから、無茶な設定(回復アイテムとか)ありますけど、 先に言ったように三池さんの映画を見慣れた人なら許せる範囲。はっきり言って〈 妖怪大戦争 〉 の10倍は楽しめるので、まだ観ていない人はRENTAL屋で手に取ってみるというのも賢い選択ではないでしょうか? クリスマス・イブにこういった映画を薦めている時点でダメなのかも知れません。

 

 

posted by 森と海 at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(1) | 三池崇史
この記事へのコメント
まだ未見です。機会があれば観ようと思ってるんですけど。
しかし、懐かしい。木村浩一郎選手はRINGSに参戦してましたね。久々に名前を聞きました。
Posted by samurai-kyousuke at 2007年12月30日 21:09
samurai-kyousuke様、お久しぶりです。
この映画で、「あれ?木村じゃん?」と気づいてググってみましたが、最近はプロデュースの側に回っている模様木村選手。ボクはFMWに参戦したころの方が印象に残ってます、元ゴング読者。
Posted by 森と海 at 2007年12月31日 20:15
やっと観たあ。
三池サンのフィールドって街なんだあってのがよく解った。
あと男ね。漢の方の。悪漢、偏執狂に変態諸々。
北野武作品とはベクトルちげーけど(笑)
いやいい感じ。キャラが動けば回るグルーヴ映画の巨匠の面目躍如だなあと思いました。
Posted by tonbori at 2008年01月28日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

*三池映画の真髄は街と男にあり『龍が如く』
Excerpt: 森と海サンが**おとうちゃん、今夜もホームランやぁ 〈 劇場版 龍が如く 〉** 日刊【考える葦】Returnsって言うもんだから、そりゃあ観なくちゃねと(笑) で観ましたぞ、『龍が如く』いやほ..
Weblog: web-tonbori堂ブログ
Tracked: 2008-01-28 23:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。