2005年10月06日

**VIBRASTONEと〈 TEAM AMERICA WORLD POLICE 〉** その2

 昨日は、映画BLOGなのに長々音楽のこと書いちゃいましたよー。それも、一般的には殆ど知られていないバンドのこと。 反響ないですよー(泣。

 

 さて、VIBRASTONEをご存知の方なら、「forestseaって奴は〈 TEAM AMERICA 〉 は堪らなく好きなんだろうなー。」とバレバレでしょう。

 〈 TEAM AMERICA 〉のトレイ・パーカー&マット・ストーンの政治的メッセージはさておき(もう散々言われていることだからここでは割愛)、この2人、限りなく上手い芸人だよね。 「真摯な態度でメッセージを発信する」という生徒会長のようなスタンスではなく、どこか斜に構えた悪たれ中学生のようだ。 しかもかなりカシコイ。なんつったって、コレだけPTAから敬遠(憎悪?)されそうな内容なのに、「NC-17」指定(17歳未満の観賞を一切禁止する)になりそうだった作品と、メジャーParamountから配給しきってんだから。 アメリカにPTAなる組織があるのか知りませんけど。世の中を嫌悪して唾吐いてる中学生は日本にもいっぱい居そうだけど、 その意識をコレだけ広範囲にばら撒ける奴らはいないよ、たぶん。

 頭イイんだよ。昨日も言ったけど、売れっ子芸人クラス。危なっかしいこと言ってるけど、 それがメジャーの宣伝網に乗るのか乗らないのか、知ってんだか知らないんだか?知らなかったんなら、変わり身の早い回転の速い頭してんだよ。 ハリウッドの俳優を糞ミソに扱ったって、悪くて訴訟ぐらい、上手くいきゃスルーされることもお見通しだったんじゃない?おちょくったって、 いちいち反応しないだろ!と読んでたんじゃない?まっと・でいもんだけは、 ちょっと特殊な扱いなんだけど、あとの効果を考えたら(こうやって度々取り上げられる)、特別扱いでウマー! と思ったかもしれない。

 それに、シャレにならないさるやんごとなき人民の父は、 アメリカ国内においては誰も文句は言わないだろうし、かの国で公開されることも無いだろう。ほとんど安泰。心配なし。「I'm ronery」だもの。最初なにを言い出したのか、分かんなかったぞ!

 VIBRASTONEとの比較なのだけど、ボーダーラインギリギリのせめぎあい。コレに尽きる。 売れっ子の芸人さんって言ったけど、この付近になると腹の据わってない芸人は逃げ出しちまう。ボーダーを踏み越えて(いわゆるクロ判定)、 前科を背負って復活したのは、日本じゃたけししか知らない。永井秀和あたりだとお茶の間クラスで甘んじてるだけなのさ。それと、 前例のないキワドサ。この辺も前人未到の道を構築していて、すこぶる爽快なのだ。マリオネット劇っつったら、 子供のための童話劇でしかなかったんだから。彼らはアニメで、既にポーダーを飛び越えようとしてたけど、アニメはアニメ。それだけで、 見ないという大人も居るしね。・・・うーん、クレイバー!

 だから2人の落語に付き合うには、シャレってもんを理解してなきゃダメなんですよ。真剣に怒り出したりしちゃ、 粋じゃないですぜ、ダンナ!

(独り事)下の一番左の Uncensored and Unrated盤、噂の黄金プレイやSack My Dickなプレイがそのまま収録らしい。ボクは、公開バージョンを英語字幕で観ただけなのだが、 こういうバージョンが発売されることも予測してたんじゃないの?この2人。つくづく頭いいなあーと思ってしまうよ。だって観てみたいもの。

 

TEAM AMERICA_HONGKONG.JPG

posted by 森と海 at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
いやVIBRASTONEって書いてたから頭止まってた(^^;ビブラストーンやね。でも残念・・あまり聴いてなかったのだ・・・。
どっちかというといとうせいこうあたりにいってたから(苦笑)でもなんとなくトレイとマットとの共通項ってのは解る。近田さんってばその前からも一足飛びに先いっている人だし。
Posted by tonbori at 2005年10月07日 00:16
〈 星屑兄弟の伝説 〉・〈 ノーライフ・キング 〉2人とも映画の原作(原案)やってたり、いとうせいこう氏も「朝、起きたら東京はなかった〜」のようなラップもやってましたなあ。この先人のお陰で、市民権を得たのだな、ラップは。
Posted by forestsea(主) at 2005年10月07日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

チーム★アメリカ ワールドポリス 感想
Excerpt: まあなんつうか2ch的に言うなら厨房イズムをそのまま映画にしたようなもんだが 向こうのオタクもやるときゃやるっててばよという映画だ(笑) 「自由と民主主義を守るぜ!」 といいながら町をめち..
Weblog: web-tonbori堂ブログ
Tracked: 2005-10-07 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。