2005年10月26日

**〈 PTU 〉VS〈 PTU 〉**

 階段を上がる時、踊り場でつい上体を振って、階上をチラ見してしまう森と海です。(やんなっ!)

という訳で〈 ザ・ミッション 〉で前フリはバッチリ。今回は〈 PTU 〉香港盤・日本盤の画質チェックだあー。

PTU_KING

 

 〈 PTU 〉
 キングレコード / パンドラ発売
 DDEX6.1広東語 DD2日本語 dtsES6.1広東語
 日本語 字幕
 スクイーズ
 24fps収録
 リージョン2

 Amazonで¥3990

 

 

PTU_MEIAH

 

 〈 PTU 〉
 MEI-AH発売
 DD5.1広東語 國語 dts5.1広東語
 中国語(簡体字) 英語 中国語(繁体字) 字幕
 スクイーズ
 60fps収録
 リージョンALL

 YESASIAで¥912( US$5.00 )

 

 

 

 なんだか、諸元を上げただけでもKING盤のほうが勝ってるなあ。音声の方を、 こうまでグレードアップしていることを改めて確認すると、「これは絵のほうもオーサリングし直してるね」と期待してしまう。いや実は、 KING盤は、「確認のために観ておこう」ぐらいの軽い気持ちだったんだが、MEIAH盤を見慣れたボクには、違和感があったんだ。 「これは、なにか違うぞ」そう思って、検証してみた。こんな暇なこと繰り返すのも、アホなボクぐらいなものだろう。

 ということで、早速、画面などを。基本的に同じ場面の画像の上―KING盤、下―MEIAH盤の順番。

KIBF_335-0s

 

DVD324-0s

  まずは、タイトルバックから。こうしてみるとあまり差が無いように思われるが、MEIAH盤のほうが、 黒バックの色が濃く、"T"の白く光る部分が明るい。漆黒の闇に閃光という意味では、MEIAH盤のほうが好み。

KIBF_335-1s

 

DVD324-1s

 ここは、KING盤はちょっと白っぽい。MEIAH盤のほうは、緑が強い印象。きっと、青と黄が強いのだろう。

KIBF_335-2s

 

DVD324-2s

 人物の顔の輪郭・肌に注目。アスペクト比が違うようで、ルビー・ウォンが面長になったり丸顔になったり。 どっちが本物に近いのか分からん。〈 ザ・ミッション 〉でもそうだったが、日本盤は縦が長くなるようだ。ひょっとすると、 両国のテレビのアスペクト比が微妙に違うのかも?それから、マージャン刑事の顔の細部はKING盤のほうがよく分かる。それと、 ルビーの右襟の縁に差がある。60fps収録のMEIAH盤には、インターレースの哀しさ、ギザギザが現れている。

KIBF_335-3s

 

DVD324-3s

 出ました正しい懐中電灯の構え方!我らがサイモン・ ヤムでございます。ってそんなことを言ってる場合じゃない。周りの壁・窓の様子が、著しく違う。 いってみればKING盤のほうは薄暗い階段なのだが、MEIAH盤のほうは真っ暗な階段をライト一つで上がっている雰囲気。 これはちがいすぎる。周りが暗いからこそ、ライトの明かりが強烈な閃光と感じられる。雰囲気からすれば、MEIAH盤に軍配は上がるのだが、 暗部の階調が出ているのはKING盤だ。暗くしたけりゃモニターの"明るさ"・"コントラスト"で調整できる。 潰れてしまった暗部をいくら調整しても、なにも見えてこない。AVファンならば、断然KING盤だろう。ちなみに、 さっきのルビーとマージャンの画像で、2人の間の後方に建物があるのだが、MEIAH盤ではどう調整しても、輪郭さえ見えてこないだろう。

 いやはや、この差は大きいぞ。絵の情報量が違うし、音は後ろにスピーカーを置いている(6.1ch環境) なら間違いなくKING盤の方が面白いだろう。ボクは香港DVDなんかちょっとしか所有していないが、MEIAH (ミッションからマッスルモンクまで)やUNIVERSE(ダークトリロジー)は、余り期待できないのだ。なんというか造りがアマい。 信用できるのは、FORTUNE STAR(ジャッキーのリマスターもの)やMEDIA ASIAがいいのではないかと。

 〈 ブレイキング・ニュース / 大事件 〉はMEDIA ASIAなんだ。こいつでは負けないぞォー。

―続く―

以前のエントリー 〈 PTU 〉

10月27日追記 香港のTVはPAL方式だそうな。NTSCのDVDを変換してPALのTVで見るということらしい。NTSCとPALでは微妙に走査線数が違うので、その辺がアスペクト比の違いの原因かも?
posted by 森と海 at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | Johnnie To
この記事へのコメント
じゃーん
Posted by pascual at 2005年10月27日 00:58
暗部の階調って、ポイント莫大。
私の好きな監督って、暗い画面好き派が多いし、リンチなんてイノチに等しい。つうか、これしっかりしてねえと、リンチ・ブラックがただの暗黒画面になって何やってるかわからんという(藁)。

ところで、おたくの小太郎くんと遊んでたら、「ネタあげようか?」と言われた。いい子だと思った。
Posted by acoyo at 2005年10月27日 01:05
劇場で観た人としてはMEIAH盤のショットの方がスクリーンに近い気がする。それはそれで味があると思うんだけど画面からの情報量は圧倒的にKING盤の方なのはそう思っただよ。
Posted by tonbori at 2005年10月27日 01:51
じゃーんって言われてもねえ(苦。

>acoサマ
リンチは、暗部がいくら見えたって、結局分からないという・・・(笑。
>tonbori堂サマ
スクリーンはそうだったんだ。ちょっとだけ嬉しかったりする。
Posted by forestsea(主) at 2005年10月28日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。