2008年03月02日

**イナゴ娘襲来 〈 リーピング 〉**

 古の〈 エクソシストU 〉より、イナゴといえば娘。娘といえばイナゴというほど両者は切っても切れない仲。

 そんななかあのようなTVCMを観てしまったら、それは確認するしかないでしょう。でもレンタルですけど・・・(笑。

 

 この映画ね、ネタバレ厳禁系なのですよ。いやね、10の災い(by Exodus) があったりしてその根源のとある少女がっていうだけで、「こりゃどっちに転ぶんだ?」って好奇心を煽りまくるわけですよ。 したがってネタバレはこの映画を殺すことになります。

 でもちょっと気の効いた人なら、始まって20分もすれば、場面でいえば舞台となるHEAVENという町にヒラリー・ スワングが着いて調査を始めた頃、「あれれ?これはなんか匂いゾ」と思うことだろう。もうちょい気の効いた人なら、 もうすぐ封切られるであろうニコラス・ケイジ主演でリメイクされる某カルト映画を思い起こす場合もあるかもしれない。あっ、 ヒント言っちゃった(笑。

 ご安心あれ、上の意味が判る人向けの情報ですが、本作はその上で全く違ったドンデン返しがありますから。

 しかしながらね、このドンデンがちょっとキビしい。劇中散々神父の言葉として語られる話であるのだが、 字幕を追うしかないものにとっては「そんな勝手な展開でいいんかい?」と疑問も残るのだ。 AとBという節があってしかもAとBは相反していて、Aと認定したらやっぱりBでしたと言っているようなものであると。 字幕だけの印象ならそう感じる。しかしこれはひょっとするとネイティブの人ならば、 単語のダブルミーニングであるとか旧約聖書の解釈といった事象で納得できるものなのかもしれない。 AとBは全く別だけど見方を替えたら同じことを言ってましたとか言う風に、ちゃんと台詞を理解していたら気づける話なのかもねーと。 実はネイティブでも「まさしくそれだよ、騙しに等しい」ってことだったりしたら、噴飯ものだけど・・・。

 なんだかよく解らない話になってしまいました(笑。

 

 あっ、今思いついた。原題は〈 The Reaping 〉だった。reapって収穫するとか刈り取るって意味だ。つーことはラストのアレはバッチリ合ってるなあ。やっぱり英語をもう一度学び直さねば!

 

posted by 森と海 at 00:03 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
『リーピング』は超B級そうだからスルー!と思っていたのに、

某カルト映画を思い起こさせる場面もあり、
でもドンデン返しがキビしくて、
収穫とか刈り取るが、ラストのアレ.....

なんですか、それは〜!? 謎が謎を呼ぶ感じになってしまい、
確認しないといけない気になってきました。
巨大カカシを燃やしたら、畑からイナゴが群れをなして逃げていった、とかそういうオチじゃないですよね?

Posted by rivarisaia at 2008年03月04日 14:12
ご無沙汰DEございます。ボクが上げてないものね(笑。

とりあえずこの映画をムーディーズっぽく言いますと、Baa(中程度のリスク)と申しておきましょう。

巨大案山子は燃えませんし、ましてや出てきません。当然吸血鬼俳優の高笑いもありません。
Posted by 森と海 at 2008年03月04日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/87887746

リーピングって怖いの?
Excerpt: ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ヒラリー・スワンクとイナゴ少女が気になっていた「リーピング」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:オスカー女優、ヒラリー・スワンクと『チャ..
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2008-04-07 12:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。