2008年03月05日

**三つの力で攻撃だ!〈 鐵三角 / triangle 〉**

”Morning...”プルプルプルプルッ。

 TRIANGLE-0

  そ・そうきたのかぁーーーーー!!!

 

 

 ということで、通な方は既に国内字幕盤で堪能されたであろうタイトル作を、今になってようやく観たよ。なるほど、 ほとんどの方々がブログでYUKI命なアップをしている訳がよーく分かった。そーゆうことだったんだね。 上の画像は小さいし動きもないのでOKでしょう、と突っ込まれる前にエクスキューズしとく(笑。

 タイトルに意味はないよ。別にロプロスもポセイドンもロデムも出て来ないし、暗喩隠喩の類も無い。まったくもって。但し、本作には 「3」がついて回る。まずは監督が三人。 ツイ・ハーク(徐克) さんにリンゴ・ラム(林嶺東)さんにジョニー・トー(杜[王其]峰)さん。記述は演出順。

 そんでもってツイ・ハーク(徐克)さんのパートは三人組の話。 財宝を盗み出すウダツの上がらない2人と成功者の1人の三人組と、プラスアルファな方々がちょっぴりオカルトチックに進行。リンゴ・ラム (林嶺東)さんのパートになると、三人組の1人にスポットが当たって、 その妻と浮気相手を軸にした三角関係をアクションを交えて描く。そしてジョニー・トー(杜峰) さんのパートになると、三人組とギャングと刑事による三つ巴の争いをところどころ飛び道具(お笑い) を交えて、夜の闇に紛れて・・・。

 (他の2人に対して何か言えるほどの知識が無かったりするので)トーさんに限って言えば、夜の闇に紛れて、 明かりを点けたり消したりで状況が変わるっていうのは、〈 放逐 〉にて習作済み、 突如始まる妙に煙の多い火薬によるスローモーションの銃撃戦も、〈 PTU 〉で習ったものだし、 何だかんだいっても最後は夫婦が収まるというのもいにしえの〈 無味神探 〉じゃないですか。なんだか監督、状況を楽しんでますな。

 香港映画界が危機だなんであちこちから聞こえてきますけど 、リレーで一本の映画を作るなどという企画がすんなり通って、 しかも出来上がった作品がちゃんとしたレベルに収まっている現状を見ると、まだまだ大丈夫って気がします。 これが日本だったら絶対的製作本数の少なさもあって、各監督の一本に賭ける情熱で我の張り合いになって、 グダグダになるのは日を見るより明らか。まだ映画がビジネスになる国は違う。

 

posted by 森と海 at 22:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | Johnnie To
この記事へのコメント
やはりリンゴ・ラムのパートは画面の粒子が粗くなってましたか?笑

最初企画を聞いたときはぽしゃるだろうな〜とさえ思ったのにちゃんと出来てくるところはさすがですよね。香港映画は最近ずいぶん盛り返している気がします。
Posted by Cardhu at 2008年03月07日 00:28
>リンゴ・ラムのパートは画面の粒子が粗くなってましたか?笑
いや、普通ですた(笑。
さすがに絵の色調までガラリと変えるような無節操なことはしてないようです。未確認ですが撮影は変わらなかったのかも?いやそれはないか・・・。
Posted by 森と海 at 2008年03月07日 22:43
本文中で、こちらのエントリーを紹介させていただきました。

さすがにあれを見せられては、YUKI命にならざるをえません。

うちは、写真大きく載せました。
Posted by micchii at 2008年04月08日 12:57
本文リンクありがとうございます。
林雪さんは、トーさんとこの裏方からキャリアを始めてますから、トーさんに言われたらナンデモやっちゃうんでしょうねー(笑。他の役者なら断るだろうに。
Posted by 森と海 at 2008年04月08日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/88422378
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。