2009年03月15日

**子供は解らなくていいんだよ。〈ヤッターマン〉**

 えー、POPCULTUREの仕掛け人、いや芸能怪の仕手師たちは新しいアイドルを作り出すために絶えず企むそうな。中でも若いアイドルを売り出すために良くある手が、「子供にエロを歌わせる」という手。

 まあ、おにゃん子クラブあたりがすぐ思いつきますな。となれば当然モーニング娘も同じ路線とわかるはず。でも、この子たちはまだ可愛いモンです。もっと凄い企みもありました。

 SPEED!彼女らの仕掛け人たちも同じ手を使いましたが、この仕掛け人たちは徹底していました。デビュー当時ボーカルの島ブー(なんか漫画の人みたいだ)はまだランドセルを背負っている歳だったのですが、デビュー曲「BODY&SOUL」にはこんな歌詞が。

 「甘い恋のかけひきは 言葉だけじゃ足りないから 痛いこととか怖がらないで もっと奥まで行こうよ いっしょに」(作詞/作曲:伊秩弘将)

 イマドキの小学生ならありなのかもしれませんけど、パブリックな場でいう歌詞じゃないですよね。これで売れなかったら5,6曲エロ路線を進んで、エログラビアまっしぐらってとこだったのでしょうか?幸運にも、すぐにブレークしたので路線変更になりましたけどね。その後、グループを主演に迎えたアイドル映画も製作されました。〈アンドロメディア〉です。未見なんですがね、ひょっとしてこれまた扱いが酷かったんじゃないのでしょうか?なにせ、監督は三池崇史ですから・・・、旨い具合に繋がった。ホッ。

続きを読む
posted by 森と海 at 22:57 | Comment(4) | TrackBack(2) | 三池崇史
2008年09月13日

**イロイロある〈 探偵物語 〉の中でもかなり変**

 と言う訳で、何故借りたのか分からない映画が有ったんです。それが〈 探偵物語 〉。

 もう意味不明。何故借りたのか???

 本編を見始めると、冒頭に「真樹プロダクション」って出てくるじゃない。真樹プロって言えば、真樹日佐夫先生のとこですよ。 パンチパーマの空手家にして、漫画原作者。そうです「ワル」の原作者で、映画版にも出演。”地平同”の主催を堂々と演じてましたなあ。 哀川翔が男を上げてました。うんうん。んで、監督は・・・、三池さんだったヨなあ。

 なるほど借りた理由はソレか!

 

続きを読む
posted by 森と海 at 00:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 三池崇史
2007年12月24日

**おとうちゃん、今夜もホームランやぁ 〈 劇場版 龍が如く 〉**

 いやだから久しぶり三池さんホームランだよって。

 三池さんの映画を見慣れた人ならば、「ゲームソフトの映画化だからユルいんだろ」なんて先入観を捨てて観るべし楽しむべし。 かくいうボクも、どうせ雇われ仕事だろって高くくっていたんだけど、コイツは〈 デッド・オア・アライブ 〉以来のホームランでっせ。

 いやホンマ!

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:05 | Comment(3) | TrackBack(1) | 三池崇史
2007年09月23日

**コレでも薄味に仕立てたんです。〈 スキヤキウエスタン ジャンゴ 〉**

 さてさて、三池フォロワーなら観られずにはいられない〈 スキヤキウエスタン ジャンゴ 〉。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 20:09 | Comment(6) | TrackBack(2) | 三池崇史
2007年01月05日

**明日への希望 〈 天国から来た男たち 〉**

 明日っから仕事なんですわ。ダラダラとした休みが続いたんで、気分的にシンドイ。まあ、今まで持ち帰り仕事をしてたんですけどね・・ ・。

 ほら、統計にもあるじゃないですか。男性の自殺する曜日とか時間とか。なんでも、月曜日の明け方が一番多いって言うじゃない。 みーんな月曜日は憂鬱なんだよ。特に問題の一つも抱えていれば。

 でもね、そんな憂鬱な気持ちを少しでも和らげてくれるんでさ。

  〈天国から来た男たち 〉  −goo映画より− あらすじは読まぬほうがいいよ。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年11月27日

**〈 漂流街 THE HAZARD CITY 〉でとりあえず第一幕終了**

 その存在はかなーり以前から認識していたが、ずーっとスルーしていた〈 漂流街 THE HAZARD CITY 〉を今頃観る。

 なんでスルーしていたのかって?

 そんなモン、主演のTEAHが嫌いだからだよ!奴は190cmを越える身長にしなやかな体・浅黒い肌、 ボクに無いモノをいっぱい持っているからね。格好良すぎるじゃないか!そんな奴嫌いなんだよ(人はそれを妬みと呼ぶ)。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年11月19日

**三池さんの出演作〈 寄生虫館の三姉妹 〉**

 あの〈 ホステル 〉にて怪演しているという噂(観れないのよ、コッチは)の三池崇史さんですが、随分前の出演作を発見! なんてタイムリーな話題なんだ!

 しかも、チラリ顔見せレベルの客演ではなく、ほぼ全編にわたって登場!

 オマケに、三池作品ではお馴染みの北村康(現:一輝)も登場。「先走っちゃうよ〜」などという漢気に溢れた台詞を放つ。

 2人ともエンドテロップを見ると特別出演扱いってことは、宮坂武志監督と友人知人関係なのか?!

続きを読む
posted by 森と海 at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年09月28日

**すでに日本盤レンタル向けもリリースされているというのに・・・**

 本家アメリカ盤〈 マスターズ・オブ・ホラー 〉の第13番目(不吉な数字)、 良心的アメリカ国民が眉を顰めるほど不埒なケーブルTVにおいてついに放送できなかった〈 インプリント 〉を購入。即鑑賞。 Dはもちろん世界に誇る「痛みのわかる男」、三池崇史。ネスカフェゴールドブレンドのCMのオファーはまだ無いようだ。 ちなみにネイティブの皆様方が御覧になる本ソフトにおいて、英語字幕等のありがたい配慮は無し。ヒアリングだよヒアリング! ほとんど何言っているのか分らなかった。ビリー・ドラゴの言う「トゥルー・ストーリー!」だけ聞こえれば、十中八九は判ったも同然。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年07月17日

**三池監督の黒社会第三弾〈 日本黒社会 〉**

 ようやく最後の一つだ(ふうーっ)。

 7月14日にジョニー・トー監督の〈 以和為貴 〉DVDが香港にて発売。同日大量のDVDが日本に向けて発送された模様。 そうなると2・3日中にはあちらこちらのblogで、レビューがアップされそうな、そんな気配が濃厚な今日この頃。、「埋もれてしまう」 という焦燥感から、さっさと三池崇史監督の黒社会三部作ラスト作をアップしちゃうのだ。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 00:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年07月07日

**黒社会第二弾〈 極道黒社会 RAINY DOG 〉**

 今日も明日も台湾は激しい雨だった。

 日本を追われた野良犬・優児(翔)は、台北で台湾マフィアの雇われ殺し屋となっていた。ある日、昔関係のあった台湾人女性に 「あなたの子よ」とチェンを押し付けられる。一方、とあるビルの屋上で、優児の殺害を誓う男がいた。 日本から優児を追って既に3年になる本阿弥(トモロヲ)である。対立組織のボスの暗殺を依頼された優児は、 売春宿を根城にして標的の動向を窺っていた。チェンも優児を追ってきたが優児はチェンに構うことはない。雨の続く日々、「雨の日は動かない」 ことを信条にしている優児は、数日の間、娼婦リリーと過ごす。リリーもまた雨を嫌い、雨の降らない町に逃げ出したがっていた。 ほどなくして陽の差した日、暗殺を成功させた優児は、彼の金を奪い、リリーとチェンを連れ町を逃げ出した。復讐を誓ったボスの弟が、 彼らの背後に迫っていた・・・。三池崇史監督作品。

 雨ってなんの隠喩なんじゃろ?

続きを読む
posted by 森と海 at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年06月29日

**父さんではない黒社会三部作〈 新宿黒社会 〉**

 黒社会の映画に以和為貴っていうのも悪い冗談なんだけど、とりあえず父さんのDVDはまだ発売なし。 しょうがないので父さんとは別の黒社会三部作について。唐突だけどQHNQ:急に H:放送が N: なかったから)。

 〈 新宿黒社会 チャイナ マフィア戦争 〉1995年8月封切り。出演 椎名桔平・田口トモロヲ・シーザー武志・サブ・ 益子和浩他。監督はもちろん三池崇史監督だ―っ!(まあ落ち着けオレ) くしくもこの1ヶ月後〈 GONIN 〉が封切られる。 〈新宿黒社会 〉の桐谷龍仁にしろ〈 GONIN 〉の金髪のジミーにしろ、今に続く椎名桔平より想起されるイメージ” 蛇のようにネチッこい嫌らしさ”が全開で、なんと貴重な役者だろうか。歯磨きの爽やか系CMなどにうつつを抜かさず、このまま” 嫌らしさ”をキープしていただきたい。この席は長らく蓮司さんが居座っていたが、そろそろ席が空きそうだヨ。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 00:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年05月09日

**DISCASでの収穫その1〈 フルメタル極道 〉**

 近所のレンタルにも、ビデオの空きケースはあったのだ。早く返却しろよ!と静かに見守っていたのだ。そう、 誰かが借りたまんま返してなかったのだ。しかしそのうちケース自体がなくなったのだ?なにゆえ?焦げ付いたのか?

 ということで、念願叶ってオンラインレンタルにて観ることが出来たのだ。三池監督の作品群は三つに分けられる。 @低予算ヤクザ映画の枠内(ガチガチのヤクザ物)A低予算ヤクザ映画の枠から著しくはみ出た物B雇われで撮る大小さまざまな物。 こいつは紛れもなくAなのだ。・・・予想を越えてバカだったのだ。(語尾が『のだ』なのは、マッドサイエンティスト・ 田口トモロヲが乗り移っているからなのだ。)

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年04月29日

**ターゲットは小学生とそのお父さん?〈 妖怪大戦争 〉**

 公開時には気になってたものの、なんとなーく観逃してしまった。 劇場で子供ばかりという恐怖の時間を過ごすという予感めいたものがあったのかもしれない(笑)。

 DVDも発売されてだいぶ時間も経って、最近ようやく新作のラベルが剥がれた。さあ、観てみましょうか!

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | 三池崇史
2006年04月09日

**「ぼっけえ、きょうてえ」を読んだ**

 近頃はあまり本を読んではいなかったが、〈 MASTERS OF HORROR 〉の三池崇史監督〈 IMPRINT 〉の原作ということで、岩井志麻子著「ぼっけえ、きょうてえ」を読む。

 といっても40ページほどの短編ゆえ、速読の人なら立ち読みでも読み下しが可能。書店で慌しく読むのと、 薄暗い自室で読むのとでは味わいも段違いだが・・・。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 22:53 | Comment(2) | TrackBack(1) | 三池崇史
2005年12月26日

**破壊と再生なの?〈 DOA FINAL 〉**

 さて、今年も残すところあと僅か。長い話を一言でいうと、今週こっきり。

 そんな枕とはまったく関係なく、今回は中途半端に古い邦画などを。和製ブレードランナーの呼び声も高い(?) 哀川翔・竹内力ダブル主演の〈DOA  Final 〉だーーー。

 

 

続きを読む
posted by 森と海 at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三池崇史
2005年08月28日

**友達いないんで<着信アリ>ません**

 ということで、ようやくのこと<着信アリ>を観る。世の中の流れは既に<着信アリ2>だって言う多少時期を逸した感もあるが、 これがなかなかどうして美味なお味でございました。

 よくお邪魔するweb-tonbori堂氏の 「着信アリ」短評 を合わせて読んでいただけると、 ツッコミドコロ満載の本作の性格などよーく理解できるかと。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:38 | Comment(2) | TrackBack(4) | 三池崇史
2005年05月19日

**白羽根黒羽根**

 唐突だが、シリーズ物の2作目っていうのは、往々にしてその前後作のインパクトが大きいと、影に隠れがちだ。しかしながら、 再度見直して見ると、良作ってことも多い。

 〈SW〉シリーズなどは、その前後ろの派手さの為に、公開時はあまり人気の面で劣っていたが、いつのまにか”一番好きなのは 〈帝国の逆襲〉”なんて多くの人が口にするようにもなったのだ。

続きを読む
posted by 森と海 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
2005年05月06日

**「オーディション」**

 今日は、何がこの映画をこんなに怖くしているのか考察しちゃおう。あらすじは解禁してもいいと思う。 例によって結末まで書かれたgoo映画を読んで頂戴。 ボクも先に読んだけど、始まったらそんなの忘れて引きずり込まれたから。ただしgooの解釈とボクの解釈は若干違う。

続きを読む
posted by 森と海 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | 三池崇史
2005年03月18日

**てえぶるにピストルがあるうぅ**ネタバレだらけ

 という訳で、「IZO」鑑賞2回目了。

 1回目は、ナンジャコリャが先に立ってしまい冷静に見られなかったが、日をおいて自分の中で程よく発酵してから観てみると、 結構さらりと、しかし、核心は見逃さないようにしっかり観れた。

 しかし、改めて思う。凄い役者ばかりだ。
 そのうちの半分は特別出演枠。よくぞ、これだけくせのある役者がそろったものだ。 ちなみに前科もんも数人いる。これ結構重要。

 企画・脚本の武智氏の中山一也主演でという持ちこみに、三池さんが応えたことで回り始めた企画らしい。 中山一也主演じゃカネを集められない(理由はカルト事件簿で) からという理由で、脇を固めたらしいが、通常のVシネなら、ギャラだけで制作費なくなっちゃいますって。 カネじゃない何かの磁場が働いたのだ。

 


 

続きを読む
posted by 森と海 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
2005年02月11日

**殺し屋1**

 やっと、手に入れた。
 始めて見たときから、「これは、いつか所有しなくては」と思っていたのだ。

続きを読む
posted by 森と海 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。