2006年10月16日

**商用バンについて考える**

 当方、地方の中小企業の働き蜂の御多分に漏れず、毎日とは言わないが、日帰り300kmというような移動が多々ある。 足は自ら運転する社用車。いわゆる商用バンである。

 商用バンは各社からリリースされているが、実体はラインナップのステーションワゴンのボディを用いて、 荷重の増加に対応してスプリングの高レート化(400kgのロードを受け止める)・快適装備の簡略化・テールコンビランプの省略 (デザインがモノをいうクラスではない)を施しただけのもの。大トヨタさんとこはプロボックスという一からの商用車を開発しているから、 他とはちょっと違う。イヤハヤ、大トヨタ、さすがだ。

 で、思うこと。商用バンって云う車はなんでこんなに疲れるのだ?!

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 車!!
2006年10月05日

**映画とは全く関係ないモノヅクリの話**

 今の国産車において、車好きであれば皆が注目せざるを得ない車がスズキのスイフトだろう。コンパクトな車体に普通のエンジン (しかし普通って言うのがミソ)という構成で、4輪ダブルウイッシュボーンなどという聞こえのいい単語も並ばない(ストラットにトーションビームでっせ) 。しかしながら、走らせて見れば、(試乗しかしてないからはっきりとはいえないが)ううん納得のハンドリングらしい。 欧州基準に達してるとかいないとか。そんなに欧州車に憧れているなら国産車をいじったりせずに、「サッサと買えばいいじゃない」 という930乗りの友人もいるが、アンタは住んでるとこ違うじゃん。ココでメンテナンスからなにから、 自前でやっていくにはハードルが高いって。と、面と向かってはいえないので、ココで言っとく。

 で、何かって最近そのスイフトのシャーシをベースにSX4なる車が出てきた。しかもFIATのセディチの兄弟車。正体を明かせば、 グリルとバンパーを剥がせば同じ車だという。俄然興味が湧くではないか。こうなったら、根堀葉堀調べちゃうよーん。

 

続きを読む
posted by 森と海 at 23:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 番外編 車!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。